歯科医療の役割は「治療」から「予防」へ

私たち歯科医師はいろいろな患者様の虫歯や歯周病を治療していますが、一度虫歯や炎症によって溶けた歯や顎の骨を完全にもと通りにできるわけではありません。これまでは「歯医者さんは歯が痛くなったらいくところ」という考え方が主流でしたが、大切な歯や骨を守るためには、「歯医者さんは歯が痛くなる前にいくところ」と考えることが重要です。

歯科医療の役割は、「治療」から「予防」へと変わってきています。こちらでは、三郷中央駅近くの歯医者「ひよこ歯科」が、健やかな毎日を送るために欠かせない予防歯科の重要性についてお伝えします。

虫歯や歯周病にならないために

歯科治療では虫歯になった歯を削ったり、歯周病の原因となる歯石を取ったりします。これらは健康のために必要な処置ですが、歯へのダメージがまったくないわけではありません。

歯科医院では、虫歯や歯周病を未然に防ぐ「予防のための処置」も受けられます。定期的に美容院やエステサロンに通うように、お口の「きれい」を保つために歯医者へ通う習慣を身につけましょう。当院は予防歯科に力を入れています。まずは健やかな口腔内環境をつくるために、「PMTC(専用機械を使った歯のクリーニング)」からお試しください。痛みもなく、施術後はお口の中がさっぱり。着色や口臭もきれいになるので、きっとまた受けたくなるはずです。

歯科医院で行うケア

「PMTC」は「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、専用の機械を使って歯科医師や歯科衛生士が行う歯のクリーニングのことです。虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)は、ご自宅でのブラッシングだけでは落としきれません。歯科医院で行うPMTCには、少しずつ蓄積していく汚れを取りのぞくという役割があります。

とはいえ、PMTCは一度受ければよいというものではありません。定期的に受けることで予防効果が高まります。歯科先進国と呼ばれるアメリカでは多くの方が継続的にPMTCを受けており、日本に比べて虫歯や歯周病にかかる人の割合が非常に少ないというデータもあります。PMTCを上手に活用し、健やかな口腔内環境を守りましょう。

定期健診の重要性

初期の虫歯や歯周病には、自覚症状がほとんどありません。しかしだからといって放置してしまうと、少しずつ確実に進行し、やがて健康の土台となる大切な歯や骨をむしばんでいきます。

虫歯や歯周病は初期であれば治療がかんたんで、治療回数や痛み、通院時にかかる費用も少なくすみます。患者様のこうした負担を減らすためには、早期発見が何よりも重要です。早く見つけて早く治すために、定期健診を受けましょう。三郷中央駅近くの歯医者「ひよこ歯科」では、患者様お一人ずつにハガキで定期健診のご案内をお送りしております。

健やかな口腔内環境で健康な毎日を送りましょう当院のご予約はこちら

  • ページトップに戻る