大切な歯を失わないための歯周病対策

歯周病は虫歯と同じように、細菌を原因とするお口の感染症です。歯周病菌は歯などに付着したプラーク(歯垢)にひそんでおり、それらの出す毒素で歯ぐきに炎症が起きると、歯をささえる顎の骨が溶かされてしまいます。歯周病が重度まで進行すると、溶けた骨が歯をささえきれなくなり、あるとき健康な歯がポロリと抜け落ちてしまうこともあるのです。

免疫が低下しはじめる30代前後から発症しはじめることが多く、日本人の歯を失う原因の第1位でもある歯周病。最近では歯周病にかかる小中学生も増えるなど若年齢化が進んでおり、私たちにとっては極めて身近な、かつ危険な病気であるといえるでしょう。三郷中央駅近くの歯医者「ひよこ歯科」では、歯を守ることに直結する歯周病対策にも力を入れています。

見逃さないで、歯周病のサイン~ブラッシング時の出血

歯周病は痛みなどの自覚症状がほとんど少ないので、かかっている本人がなかなか気づきにくい病気です。しかし「ブラッシングのときに出血がある」という症状は、歯周病の明確なサイン。心あたりがある方は、一度歯科医院を受診しましょう。

ブラッシングによる出血の原因は、「歯周病の炎症によるもの」と「みがく力が強すぎることによるもの」という2種類が考えられます。強い力でみがきすぎると、歯ぐきが傷ついてしまって歯周病にかかりやすくなるうえ、歯ブラシの毛先が開いてプラークが取れません。ブラッシングは「すればいい」のではなく、正しく行うことではじめて効果を得られるのです。当院ではブラッシングで効果的にプラークを取りのぞくためのブラッシング指導も行っています。

歯周病の進行

歯周病の進行を確認するうえで目安となるのは、歯周ポケット(歯と歯ぐきの間のみぞ)の深さです。炎症で腫れることと、歯周組織が炎症で溶かされて歯から歯肉が剥がれることで、ポケットは徐々に深くなっていきます。

細菌の出す毒素が炎症の原因なので、歯周病治療では細菌がひそむプラークや、そのプラークがかたまってできた歯石を取りのぞくことが求められます。進行段階に応じて行う処置は異なりますが、プラークが歯石になってしまうとブラッシングでは落とせません。顎の骨を溶かされる前に、歯科医院で適切な処置を受けましょう。

歯周病の進行段階 状態 対策
歯肉炎・軽度歯周炎 歯周ポケットの深さが3~4mmの状態です。痛みなどの自覚症状はほとんどありません。歯周ポケットの周囲にプラークや歯石がたまりやすく、炎症で歯ぐきが赤く腫れてしまいます。 ブラッシング指導や「スケーリング」という歯石を落とす処置をします。それでも治らない場合は「ルートプレーニング」という処置で細菌に侵された歯質を除去し、歯の表面を滑らかに仕上げて汚れの再付着を防ぎます。
歯肉炎・軽度歯周炎
中等度歯周炎 歯周ポケットの深さが4~6mmの状態です。炎症によって歯をささえる顎の骨が溶け、歯がぐらつくこともあります。歯ぐきの腫れや出血、口臭、痛みといった自覚症状が出て、強くなっていきます。 処置の前に局所麻酔を行って歯周ポケット内部の歯石や膿などを取り除く「歯周ポケット掻爬(そうは)術」や、歯肉を切開して歯周ポケットの奥深くの歯石を取り除く「フラップ手術」を行います。
中等度歯周炎
重度歯周炎 歯周ポケットの深さが7mm以上になり、歯ぐきの炎症が慢性化した状態です。痛みや出血がひどくなり、指や舌で歯を触るとぐらつきます。抜ける可能性があるほか、周囲の歯を守るために抜歯が必要な場合もあります。 「歯周ポケット掻爬(そうは)術」「フラップ手術」などの歯周外科手術や、溶けた骨を再生させる治療(再生療法)を行います。
重度歯周炎

当院の歯周病治療

三郷中央駅近くの歯医者「ひよこ歯科」では、歯周病の治療に際し、患者様の負担を軽くするための治療器具を導入しております。

高周波治療器(コスモキュアー)

高い周波数の電気を流し、それによって生じた熱で歯周病菌を減らす機器です。継続的に使用することで、歯周ポケット内のプラークの再付着を抑えることもできます。外科手術が不要なので、身体にやさしい治療器といえるでしょう。軽度歯肉炎から重度の歯周炎まで対応できます。

歯周病を防ぐために大切なこと当院の予防歯科はこちら

  • ページトップに戻る