歯を失ってしまったらすぐにご相談ください

虫歯や歯周病、事故などで突然歯を失ってしまったら、歯の機能をおぎなう治療が必要になります。これを補綴(ほてつ)治療といいます。たとえ失ってしまった歯が1本でも、それが見えにくい奥歯でも、「たかが1本」と軽く考えてしまうのは危険です。失った歯の位置にほかの歯が倒れ込んでしまうと、噛み合わせが乱れて全身にさまざまなトラブルを招いてしまうかもしれません。

代表的な補綴治療にはインプラント治療・入れ歯治療・ブリッジ治療がありますが、マルエツ三郷中央店2階にある歯医者「ひよこ歯科」では、インプラント治療と入れ歯治療を行っています。

【失ってしまった歯は、もとに戻せるかもしれません】

歯を失ってしまった場合は水でしめらせた布などで歯をくるみ、乾燥を防いで急いでおもちください。時間が経てば経つほどもとに戻せる可能性が低くなります。ただし、頭を打っていたり怪我をしていたりする場合は、そちらの治療を優先してください。

インプラント治療とは

3種類の補綴治療の中で近年選ばれる方が増えているのがインプラント治療です。インプラント治療はまず、歯を失った部分の顎の骨にチタン製のインプラント(人工歯根)を埋めこみます。そして一定期間後に十分な定着が確認できたら、そのインプラントにセラミック製の人工歯を取りつけて治療完了です。チタンは生体親和性の高い素材なので骨に結合しやすく、安心してお使いいただけます。

インプラント治療のメリットとデメリット
メリット デメリット
天然歯のようにしっかり噛める 身体的負担が大きな外科手術が必要
見た目が自然で仕上がりが美しい 保険適用外なので治療費が高額になる
入れ歯やブリッジよりも顎が痩せにくい 治療期間が長い(半年から1年程度
周囲の歯に負担とならない 持病によっては治療が受けられない
適切なメインテナンスによって長期的に使用可能 メインテナンスを怠るとインプラント周囲炎で脱落することがある

【こういう方にはインプラントがおすすめです】

  • 入れ歯を使っているがしっかり噛めないので苦痛
  • 入れ歯の使用感に不満がある
  • 治療のことを知られたくない
  • 若々しい口元を維持したい
  • 残っている健康な歯をずっと残していきたい

顎の骨にしっかりと固定されているため、天然歯のようにしっかりと食べ物を噛むことができるインプラント。見た目に治療したことがわからないほどの自然な仕上がりや、入れ歯やブリッジには真似できない快適さが魅力です。とはいえ、インプラントにもデメリットはあります。メリットもデメリットもしっかり理解し、納得したうえで治療を行いましょう。

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療

「ひよこ歯科」では日本大学松戸歯学部付属病院の勤務医がインプラント治療を担当します。大学病院と同等の治療が受けられますので、安心しておまかせください。
※料金も同大学と同額です。くわしくはお問い合わせください

インプラント治療で自然で快適な噛み心地当院のご予約はこちら

当院の入れ歯治療

三郷中央駅近くの「ひよこ歯科」では、外科的手術の必要ない補綴治療として入れ歯の製作もうけたまわっております。入れ歯にはいくつかの種類があり、それぞれ費用や特徴が異なりますので、ご希望に合わせてお選びください。

入れ歯の種類 特徴

レジン床義歯|
(保険入れ歯)

レジン床義歯(保険入れ歯)

床部分がプラスチック素材でできている入れ歯です。強度を保つためにある程度厚みが必要となるので、装着時に違和感を覚える方も多くいらっしゃいます。保険が適用されるため安価で、壊れたとき修理がかんたんにできるというメリットがありますが、臭いや汚れが付きやすい、変色しやすいという特徴もあります。

金属床義歯
(コバルトクロム・チタン・ゴールド)

金属床義歯(コバルトクロム・チタン・ゴールド)

床部分が金属でできている入れ歯です。丈夫で、薄くつくれるため違和感があまりありません。もっともよく使われる素材はコバルトクロムですが、重さやアレルギーが心配な方には生体親和性の高いチタンやゴールドがおすすめです。ゴールドだとより熱が伝わりやすく、あたたかい食事や冷たい食事がおいしくいただけます。

シリコンデンチャー

シリコンデンチャー

ソフトシリコンでできており、クッション性があるため、咀嚼(そしゃく)しやすい入れ歯です。高いフィット感が得られます。ズレないので装着時や使用時の痛みがまったくなく、現在の入れ歯で咀嚼や痛みにお困りの方におすすめです。

失った歯の機能を取り戻したいなら当院のご予約はこちら

  • ページトップに戻る