お子様が歯医者を嫌がらないようにする子育て

残念なことですが、「歯医者がきらい!」というお子様はたくさんいらっしゃいます。しかし、虫歯などのお口の中のトラブルは、放っておくとどんどん進行してしまい、悪化すればするほど治療の期間も、治療の痛みも、治療にかかる費用負担も大きくなっていきます。

どんなに本人が嫌がっても、必要があれば連れていかなければならないのが歯医者。それならば、お子様が歯医者を嫌がらないようにするのが、本人にとっても親御様にとっても幸せな方法です。三郷中央駅からすぐの「ひよこ歯科」が、お子様を歯医者ぎらいにさせないための子育てのコツについてお伝えします。

お子様が歯医者を嫌がらないために

通院はご機嫌のよいときにしましょう

通院はご機嫌のよいときにしましょう

慣れない歯医者に行くことは、お子様にとってはどうしてもストレスになるもの。眠いときや空腹のときは機嫌が悪いことが多いため、歯医者に対して嫌なイメージがついてしまう可能性が大きい“危険タイム”といえます。お子様の機嫌がよいときを見計らって予約を取り、受診しましょう。一度スムーズに受診できれば、本人の自信にもつながります。

お子様は大好きなママをいつも見ています

お子様は大好きなママをいつも見ています

親御様ご自身に、歯医者をこわがる気持ちはありませんか? お子様は大好きなママをいつも見ているので、わずかでも表情に動揺や恐怖があらわれていると、それを敏感に感じ取ってしまいます。まずは親御様がリラックスし、笑顔で付き添っていただけると、お子様は何より心強く感じるでしょう。

努力を認めて褒めてください

努力を認めて褒めてください

お子様のよい点を探し、治療後は必ず褒めてあげてください。お子様によっては泣いてしまうことや暴れてしまうこともありますが、「がんばって椅子に座れたね」「お口を大きく開けられたね」など、どこかにきっとよい点があるはずです。「上手にできたこと」を褒めると、できなかったときに自信をなくす可能性もあるので、「努力」を認めてあげることが大切です。

乳歯の虫歯にご用心!

「乳歯はどうせ抜けるから、虫歯になっても大丈夫」などと考えてはいませんか? そのように軽く考えて虫歯を放置してしまうと、将来、全身の健康にさまざまな悪影響が出てしまう可能性があります

歯には、食べ物を消化しやすいように噛みくだく役割があります。お子様の健やかな成長には十分な栄養が必要ですが、虫歯で噛めない状態では、栄養素をしっかり吸収できません。また、乳歯には永久歯が生えてくるためのスペースを確保するという役割もあります。乳歯の虫歯を放置すると歯ならびが乱れたり、一生使うはずの永久歯が虫歯になりやすくなったりするので注意が必要です。

【乳歯が虫歯になるリスク】

  • 永久歯が虫歯になりやすくなる
  • 永久歯が歯周病になりやすくなる
  • 永久歯の歯並びが悪くなる可能性が高くなる
  • 歯のトラブルで全身の健康を損ないやすくなる

お子様自身が歯の大切さをしっかり理解すること、みがき残しがないように正しくブラッシングすることは難しいので、それができるようになるまでは親御様が気を付けてあげましょう。丁寧な仕上げみがきと定期健診で、虫歯の発生率をぐっと下げることができます。

キッズスペースでお子様も楽しく受診当院の小児歯科治療についてはこちらから

  • ページトップに戻る