歯が痛い!もしかしてそれ……虫歯かも?

「最近なんだか歯が痛くて……」「熱いお茶がしみるときがある」といった症状に心あたりがある方は、虫歯の可能性が高いです。虫歯は細菌によるお口の感染症ですが、風邪のように自然に治ったり完全にもと通りの状態になったりすることはありません。

虫歯は進行するにしたがって治療時の痛みや費用負担は大きくなり、ひどくなると抜歯が必要になることもあります。しかし、早めに発見すれば治療の痛みも少なくてすみますし、大切な歯を抜かずに守ることにもつながります。大切なのは早期治療。「虫歯かな?」と思ったら、三郷中央駅近くの歯医者「ひよこ歯科」へお早めにご相談ください。

虫歯のなりたち

虫歯は細菌(虫歯菌)がつくり出す酸によって歯が溶かされる病気です。その虫歯が発生する原因となるのは、「歯質(の弱さ)」「細菌(の多さ)」「糖分(の多さ)」という3つの要素。これらが重なる時間が長くなると、虫歯が発生するのです。

つまりこれらが重ならないようにすれば、虫歯の発生リスクを減らすことができます。それぞれの原因を把握し、虫歯を防ぐ対策を講じましょう。

虫歯の原因となる要素と対策
歯質 歯質(歯の強さ)は体質や生活環境によって人それぞれですが、歯質が弱い人は虫歯にかかりやすくなります。歯科医院でフッ素を塗布したり、フッ素入りの歯みがき粉を使ったりすることで強化が可能です。
歯質
細菌 虫歯の原因となる細菌は、糖分を栄養として「酸」をつくり出します。その酸によって口腔内が酸性にかたむき、歯が溶けて虫歯ができるのです。プラーク(歯垢)は細菌のかたまりなので、正しいブラッシングで効率的に取りのぞく必要があります。
細菌
糖分 糖分は虫歯菌が酸をつくり出す際に栄養源となるもの。砂糖が多く含まれる食べ物や飲み物を摂取し続けることで細菌の働きが活性化し、虫歯になりやすくなります。
糖分
時間 「細菌」と「糖分」の両方が長時間お口の中にあると、虫歯のリスクが高まります。糖分をとったらできるだけ早くブラッシングし、口腔内の糖分やプラークにひそむ細菌を取りのぞきましょう。間食を少なくする、ダラダラ食べをしないなど、糖分がお口のなかにない時間帯をつくることが大切です。
時間

虫歯の進行

虫歯の進行段階 状態 対策

C0

C0

歯の表面を覆うエナメル質が溶けはじめ、白く濁って見える状態です。この時点では、痛みなどの自覚症状はありません 正しいブラッシングでプラークを落とすこと、よく噛んでだ液の分泌をうながすことによって再石灰化が促され、自然に治ることがあります。

C1

C1

歯の表面のエナメル質が溶けて黒ずんだ、初期虫歯の状態です。痛みなどの自覚症状はほとんどありません 虫歯となった部分の歯を削り、その穴にレジン(歯科用プラスチック)を詰めておぎないます。

C2

C2

エナメル質の内側の象牙質に達した虫歯です。象牙質には神経に通じる細かい穴が開いているため、冷たい物や熱い物がしみるようになります。 虫歯となった部分を削ります。C1よりも進行していて穴が大きいので、金属やセラミックなどでつくったインレー(詰め物)を装着しておぎないます。

C3

C3

象牙質の内側にある歯髄(歯の神経や血管)に達した虫歯です。食べ物や飲み物がしみるだけでなく、何もしていなくても痛みを感じます ここまでくると神経が死んでしまうので、神経や血管を取る根管治療が必要です。歯髄の通っていた管(根管)はしっかりと消毒し、薬を詰めて被せ物をします。

C4

C4

歯の大部分が溶けてなくなった状態です。神経が死んでいるので痛みはありませんが、内部に膿や炎症があると、再び激しく痛むことがあります。 ここまで進行すると、多くの場合は抜歯が必要になります。抜歯後は、ブリッジやインプラント、入れ歯などによって失った歯の機能をおぎないます。

進行してしまった虫歯に~根管治療~

進行した虫歯が歯髄に到達すると、歯の神経が死んでしまいます。そのまま放っておくと歯を抜かなくてはいけなくなりますが、抜歯は「本来あるべきはずの歯を取ってしまう行為」。歯周組織に大きな負担をかけるだけでなく、口腔内環境を悪化させる原因にもなりかねません。

そうしたリスクの大きな抜歯を避けるために行うのが「根管治療」です。根管治療は、根管から虫歯に侵された神経などを抜き取り、内部をきれいに洗浄・消毒して薬剤を詰める治療のこと。天然歯の根を残すことは、口腔内環境の悪化を防ぐ意味でも非常に重要です。

【根管治療は最後までやならければ意味がありません】

根管治療にはある程度の通院回数が必要なので、途中であきらめてしまう方もいらっしゃいます。しかし、治療が不完全だと再発のリスクが高くなり、負担の大きな治療の果てに結局抜歯が必要……ということにもなりかねません。根管治療が成功すれば、クラウンを装着することで自分の歯を使い続けることができます。自分の歯を保つために、根気よく治療しましょう。

虫歯を防ぐために大切なこと当院の予防歯科はこちら

  • ページトップに戻る